【顔面占いニッパシ館】サナギ新宿で顔面占いしたら毎日が少し楽しくなった

どうも、占い大好きさどまち(@mck_sd)です🔮

わたしは昔から占いが大好きで、小学生の時に毎月「HAPPY BIRTHDAY」という今はなき占い専門雑誌を買っていたくらい(笑)

占いというとあまりよくないイメージを持つ方もいますが、わたしにとっては「気持ちがちょっと明るくなる」ビタミン剤のような感覚です。

例えば、星座占いで「〇〇座のあなたは今日は仕事でいいことがあります!」と言われると、「今日は一体何がおきるんだろう!?」といつもよりワクワクしながら仕事をすることができます。そのオーラが周りに伝わって、素敵な仕事が舞い込んだりするかもしれませんよね。

そうやって物事がうまくいくように、いつもよりほんの少し、気持ちを明るくしてくれるのが占いのイイところだと思っています😁

新宿サナギの「顔面占いニッパシ館」

ある日、ライターのケロリン(@aimiya121 )さんから「顔面占いしない?」というメッセージが(笑)

“さどまち”
顔面占いってなに!?笑

と思いましたが、面白そうなので行ってみることに!

場所は、「食」と「カルチャー」に触れられる”サナギ新宿“。

「よく広告で見るランタンが天井に吊るされてるお洒落なとこやん〜!」とテンション上がりつつ、順番に席を回っている占い師さんを待つことうん十分。他の人の占いが終わった時にすかさず呼んだら、ついに席まできてくれました。

左の赤い服を着た人が占い師の方かな?って思うじゃないですか普通。

まさかの、真ん中のスーツを着ている人が顔面占い師のニッパシさん!笑

赤と黄色の衣装の人はアシスタントの方で、この2人と会話をしている様子を見て、似顔絵を描きながら占ってもらうというシステムです。

珍しく恋愛運を聞いてみた

  1. Love
  2. Works
  3. Health
  4. Money

占いで聞けるのはこの4つの項目のうちから1つ。

せっかくなのでずっと避けていた、Loveについて聞いてみることにしました。

わたしのその時の悩みは「恋愛が怖くてできない、出会いがない」という内容。

アシスタントの方と恋愛観について話すわたしを見ながら、黙々とイラストを描いていくニッパシさん。

そして出来上がったイラストがこちら↓

見た瞬間、「めっっちゃブスやんわたし」と絶句(笑)

占いの結果「明るい服を着て色んなところに行く」

イラストをもらったあとにいただいたアドバイスは、

「明るい服を着て色んなところに顔を出してみること。

派手な服で黙っておくことで、男性から寄ってくるような女性になる」

とのことでした。この時のわたしは淡いピンク色のジャケットを着ていたのですが、「そんな誰が着ているか分からないものは着ない!メルカリで売ること!」と言われました(笑)

試しにアシスタントの方の黄色いジャケットを羽織ってみると、周りからは「そっちの方が確かにイイ!」という声が出たので、まんざらでもないわたし。

早速実践したらめっちゃ毎日楽しくなった

実際に明るい黄色のコートを買って色んな場所に行ってみたら、色んな人から「そのコートイイね!」「めっちゃ似合ってる!」と言われるようになり、

気持ちが明るくなったおかげか、ずっと避けていた異性に対しても気持ちがオープンになっていった気がします。

相手の表情や喋り方からよみとる占い

イラストレーターやコラムニストでもあるニッパシさん。

本物の占い師というよりは、人間観察が得意で、相手の表情や喋り方や内容をみてアドバイスをしているみたいです。

表情が悪ければ「顔が悪い」というし、うるさいおじさんがいれば「黙って100人に奢ってください」とアドバイスすることもあるそう(笑)

ケロリンさん曰く「この人の絵はすごい。絶対売れると思うから大事にした方がイイ」とのこと。(窓際に大事に飾っていますw)

サナギ新宿では月1で占っているみたいなので、興味がある方はぜひ行ってみてください〜!

顔面占いニッパシ館

ここまで読んでいただきありがとうございます。

以上、さどまちでした〜〜🔮

The following two tabs change content below.
さどまち

さどまち

1994年生まれ山口出身、台湾のハーフ
日常や感情を切り取るエッセイスト/写真家
エッセイメディア「MIMIUCHI」を運営。
会社員をやりながら撮影したりエッセイを執筆。

ABOUTこの記事をかいた人

さどまち

1994年生まれ山口出身、台湾のハーフ
日常や感情を切り取るエッセイスト/写真家
エッセイメディア「MIMIUCHI」を運営。
会社員をやりながら撮影したりエッセイを執筆。